トップページ 病院案内 医師のご紹介 診療科のご案内 検査のご案内 受診される方へ 看護部

 

小腸カプセル内視鏡検査

トップページ»  検査・治療のご案内»  小腸カプセル内視鏡検査

小腸カプセル内視鏡検査は、消化管(特に小腸)の出血性病変や腫瘍性病変が疑われる場合に行う、小さなカプセルを服用するだけの内視鏡検査です。最初にカメラを内蔵したカプセル(サイズ:26mm×11mm)を口から飲み込みます。カプセルは、消化管を通過しながらその内腔を自動的に撮影し、画像を体外の記録装置に転送します。そして、この画像を解析し、疾患の診断を行います。通常は、午前中にカプセルを服用した後、自由に過ごしていただきます(水分摂取などの指示はあります)。服用後8時間で検査は終了し、カプセルは数日以内に排便時に自然排泄されます。

小腸カプセル内視鏡検査

小腸カプセル内視鏡検査 小腸カプセル内視鏡検査 小腸カプセル内視鏡検査

カプセル内視鏡

輪状潰瘍 

楕円形潰瘍および輪状潰瘍瘢痕

小腸カプセル内視鏡検査実績

※2011年~2016年度

小腸カプセル内視鏡検査 129件

 

小腸カプセル内視鏡検査件数推移

アクセス
お問い合わせ