八王子消化器病院
トップページ 病院案内 医師のご紹介 診療科のご案内 検査のご案内 初診の方へ 看護部

 

トップページ»  病院案内
医療法人財団中山会 理事長 八王子消化器病院 原田 信比古

近年の目覚ましい医療技術の進歩と患者様の健康に対する意識や価値観の多様化から、医療機関には高水準で良質の医療の提供が求められております。八王子消化器病院は、最新技術を駆使した診断を行い、患者様のQOLを最優先とする治療法を選択し、患者様・ご家族と医療 スタッフ全員が連携をとりながら診療を進めております。

日常の診療現場では、外来診察・検査・入院治療・手術後の経過観察までを医長以上の責任(担当)医師が対応。悪性疾患で転移再発が診断された後の治療についても、責任(担当)医師が抗がん剤治療・緩和治療・終末期医療まで一元的に提供できる体制が整っています。更に、大学病院等と同等の医療レベルを保ちつつ、大学や国公立病院等の大規模病院とは異なる98床の中小病院ならではのきめ細やかな患者様主体の医療を行っております。

加えて患者様に安全で快適な療養環境の提供、そして病院職員に対しては優しい作業環境づくりと共に誇り高い職場の提供ができるような地域の中核病院として、また消化器がん治療の専門病院として皆様に信頼される病院づくりを今後共、めざして参ります。

 

1983年、当時消化器外科の世界的権威として海外からも高く評価されていた中山恒明が開設した中山記念胃腸科病院は、1996年に八王子消化器病院と改称され2002年には現在の地に移転新築を果たし今日に至っています。患者様の安全の追求アメニティの向上、高度先進医療の積極的導入など不断の発展と更なる飛躍をめざしています。

●低侵襲性治療・がん医療の最前線
従来であれば外科的手術を必要とした疾患に対して各種の低侵襲性治療を実施、患者様の負担を軽減し、的確で安全な高度治療を行っています。また消化器系のがんに対し、早期発見手術、化学療法、疼痛管理等、最先端の治療を行える医療技術水準の維持に努めています。

●教育制度の特色
消化器外科専門医の修練施設として位置づけられている当院は、大学医局での専門医の教育訓練を補完するのみならず、高度の技術に加え医療倫理、病棟管理・運営に至るまで広範な知識を有する専門医の養成に貢献しています。また全職員に対しても、安全な医療の実現のための研修、実務教育を随時行っています。

Pagetop

沿革

当院は、昭和58年に医療法人財団聖仁会中山記念胃腸科病院として開設されました。消化器外科の世界的権威であり、当院の開設者でもある中山恒明前理事長は、東京女子医科大学に消化器病センターを開設し、若手医師の臨床研修のための医療練士制度を創設。その制度の卒業生達は全国各地域の第一線で活躍、当院でも幾多の練士が日夜を分かたず活動し、八王子消化器病院と名称を改めてからも、東京女子医科大学の主要関連病院として成長してまいりました。

施設認定

生活保護法指定医療機関
難病医療費助成指定医療機関

日本外科学会外科専門医制度関連施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本大腸肛門病学会関連施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
一般社団法人 National Clinical Database施設
日本医療機能評価機構 病院機能評価 認定(認定 第JC317-3号)

 

 
Pagetop

 

当院の理念

I.患者様のための医療

私たちは、患者様に健康な生活をとり戻して頂くため、ここに掲げる理念のもとに心をこめた医療を行います。

II.基本方針

  • 〔消化器疾患の専門病院として〕
    消化器疾患とその関連領域において最新の知識と技術のもとに、高度専門医療機関として地域の中核的役割を果たします。
  • 〔地域に密着した病院として〕
    地域の皆様の病気の予防と健康保持のため、健診・保健指導及びセミナー等の医療啓発活動を積極的に行います。さらに地域医療機関等との連携を深め、地域医療体系の一翼を担います。
  • 〔安全・安心な医療のために〕
    施設、設備面の安全性・快適性を常時点検整備します。さらに安全度の高い医療を実現するために全職員に対し研修・教育を行います。
  • 〔誇り高い職場環境のもとで〕
    全職種の職員全員が対等の立場で、互いに連携した協同医療をすすめます。
    そして一人ひとりが倫理を重んじ、豊かな人間性を養い、誇り高い職場環境作りを目指します。

III.患者様の権利について

  • 全ての患者様が平等かつ公平に、良質な医療を受けられることを保証します。
  • 患者様の診療内容について、納得のいただける十分な説明を行います。
  • 診療方針や治療方法は、患者様自身が自由に選択をすることができます。
  • 診療の内容について、同意または拒否をすることができます。
  • ご自身の病気について、他の医師・施設の意見を求めることができます。その際、当院ではあらゆるご協力を致します。
  • ご自身の秘密や尊厳は、常に保護尊重されます。
  • 宗教や信条などを尊重される権利があります。

IV.安全・安心な医療環境

患者様に安全・安心な医療を受けて頂くために、当院では以下のことを行っています。

  • 患者様の医療安全確保のために、医療安全管理委員会を設置し、定期的に開催しています。
  • 医療事故発生時は、患者様の安全確保を最優先し、その後に誠意をもって説明責任を果たします。
  • 事故原因を徹底的に分析し、その結果を公表して再発の防止に努めます。
  • 最新の医療知識と技術を得ること、正確・迅速な事務処理を行うため教育委員会を設置して安全教育の徹底をはかります。
  • 患者様方との好ましい人間関係を構築し、安心な医療を提供できるよう接遇向上に努めます。

V.医療情報の開示について

病院内の医療情報は開示され、すべての職員が共通の認識で患者様の安全を守ります。

  • 患者様と医療従事者が医療情報を共有することにより、良好な関係を保ちながら、病気を克服して頂くための協力を惜しみません。
  • 医療情報の提供は、必ず患者様の同意を得た上で行います。また、知り得た情報は厳重に管理し、決して第三者に漏れることはありません。
  • 開示対象となる医療情報は、診療を目的として病院が作成した記録の全てを指し、患者様の求めに応じ閲覧、口頭説明、コピーの交付または診療要約書の形で提供されます。
  • 開示を求めることができるのは原則として患者様ご本人となります。尚、患者様の承諾を得たご家族や法定代理人等の求めに応ずることがあります。
  • 医療情報の開示が患者様ご本人の心身の状況を著しく損なう恐れがある時や、第三者の利益を侵害する恐れがある時は、これを拒むことがあります。

VI.看護の基本方針

  • 〔療養中の安全〕
    私たちは、患者様に安全・安心と快い療養環境の中で看護を受けて頂くために、細心の心配りを致します。
  • 〔質の高い看護〕
    私たちは、患者様に満足をして頂くために、確かな看護技術と専門看護の知識向上に努めます。
Pagetop

診療体制

八王子消化器病院 医師診療体制

医師総数 29名
消化器外科 常勤医師 10名
非常勤医師 2名
消化器内科 常勤医師 3名
非常勤医師 5名
麻酔科 常勤医師(消化器外科兼務) 1名
非常勤医師 3名
糖尿病外来 非常勤医師 4名
生活習慣病外来
(膠原病・リウマチ・痛風)
非常勤医師 1名
化学療法外来 非常勤医師 1名

担当医師名

理事長 原田 信比古 東京女子医科大学 消化器外科 元派遣助教授
病院長 小池 伸定 東京女子医科大学 消化器外科 元助教
顧問 林  恒男 東京女子医科大学 消化器外科 元講師
顧問 今泉 俊秀 東海大学 消化器外科 元教授/東海大学医学部付属東京病院外科 客員教授
聖マリアンナ医科大学 客員教授
医長 梶  理史 東京女子医科大学 消化器外科 元助手
医長 齋田 真 東京女子医科大学 消化器外科 助教
医長 森下 慶一 東京女子医科大学 消化器内科 助教
医師 福光 寛 東海大学 消化器外科 助教
医師 尾﨑 雄飛 東北大学 第二外科 元医員
医師 齋藤 元伸 東京女子医科大学 第二外科 助教
医師 山本 智子 東京女子医科大学 消化器内科 助教
医師 原 敏文 東京女子医科大学 消化器内科 医員
医師 松永 雄太郎 東京女子医科大学 消化器外科 助教
医師 小田桐 玲子 東京女子医科大学 糖尿病センター 元講師
医師 雨宮 禎子 東京女子医科大学 糖尿病センター 元講師
医師 川上 和之 東京女子医科大学 化学療法・緩和ケア科 准教授
医師 鈴木 修司 東京医科大学茨城医療センター 消化器外科 主任教授
医師 髙木 香恵 東京女子医科大学 膠原病リウマチ痛風センター 講師
医師 松下 隆哉 東京医科大学八王子医療センター 糖尿病・内分泌・代謝内科 講師
医師 鍵和田 直子 東海大学 腎内分泌代謝内科 助教
医師 大木 岳志 東京女子医科大学 消化器外科 講師
医師 古川 真依子 東京女子医科大学 消化器内科 元助教
医師 鈴木 亜夢 東京女子医科大学 消化器内科 元助教
医師 宮方 千春 東京女子医科大学 消化器内科 助教
医師 赤尾 潤一 東京女子医科大学 消化器内科 助教
医師 小林 睦季 東京女子医科大学 消化器内科 医療練士
医師 荻原 幸彦 東京医科大学 麻酔科 准教授
医師 柿沼 孝泰 東京医科大学 麻酔科 臨床講師
医師 草谷 洋光 東京医科大学 麻酔科 元助手

 
アクセス
お問い合わせ